PHPの書き方

どんなプログラミング言語でもそうですが、コードはテキストエディタで書いていきます。
一般的にフリーや簡単な言語はテキストエディタで書くイメージがあるかも知れませんが、 それは単純に総合的な開発環境が無いからです。
VisualStudioなどの高価な開発環境ではエディタ自体も用意されていますが、 これもメモ帳などで書いても問題ありません。

特にウェブサイトで書かれるHTMLやJavaScript、PHPはテキストエディタで書き、 DreamWeaverなど高価なソフトを使わない人も多く、コードはテキストエディタで書く人が多いのです。

PHPでコードを書くにはメモ帳やTerapadなどのテキストエディタを開き、
<?php
ここにコードを書く
?>
のようにします。
保存の時には
test.php
のように拡張子をphpとします。
Windows系ではコンピュータを開き、ファイルを見てみると標準で拡張子が表示されていません。
趣味でパソコンを使う場合でも、拡張子は表示されている方が便利ですし、 何かしらの開発をするのであれば、表示しておく事が基本です。
コンピュータを開き、メニューのツールからフォルダオプション、現れたウィンドウの表示タブの詳細設定の下のほうに
「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。
また、phpファイルをダブルクリックした時に使いたいエディタで開くには、 phpファイルを右クリック、プログラムから開くで現れるウィンドウから使いたいエディタを選び、 「選択したプログラムをいつも使う」のチェックをいれてOKを押すと、以降はダブルクリックでそのエディタで開きます。

コードを書く時に、文字は基本的に小文字を使います。
プログラミング言語では多くの場合小文字が標準で、 リファレンスで指定されている場合を除き、全て小文字で書いていきます。
HTMLでは大文字小文字の判定がなかったので、大文字を使う人も多かったのですが、 HTML5からは小文字が標準となりました。

また、当たり前ですが文字は半角になります。
注意したいのは見やすくする為にTabやスペースをいれますが、 スペースは必ず半角を使うという事です。
全角半角問わずスペースを無視する言語もありますが、 全角スペースがエラーとなる言語もあります。
基本は半角スペースなので、全角は使わないようにしましょう。



サンプル

著作権について
ファイルからデータの読み込み
ファイルへのデータの書き込み
フォルダ内のファイル名取得
アクセスカウンターの作り方
アンケートの作り方
フォームからのデータの取得
フォーム以外のページからのデータの取得
ファイル内、文章内の文字列の検索
パスワード認証の方法と作り方

0から始めるPHP

PHPのすすめ(これ飛ばしてもいい)
必要な環境とPHPへのアクセス
開発に使うもの
初めての方への注意点
PHPの基本(何らかの言語経験者向け)
PHPの基本(初めての人向け)
書き方
ファイルの読み込み

プログラミング講座
文字などの出力
PHPにおける変数
ifによる条件比較
forによる繰り返し処理
PHPにおける配列
これまでとこれからの学び方

PHPの使える
おすすめレンタルサーバー

スタードメイン

レンタルサーバーの選び方


その他

プログラミングのコツ
プログラマーと年齢
誰でも簡単にできるサーバー負荷対策
社内や自宅サーバーのグローバルIPアドレスが変わってもアクセスできるようにする

日記

2014年
日本語形態素データとキーワード出現回数
Androidベースのゲーム機に期待
4月末に判明したIEの脆弱性について
フラッシュプレーヤーの製作
ホームページとウェブサイトの違い
WIFIなどの用語は正しく使いたい
国産ゲーム会社のサイトについて
検索エンジンの開発について
プレインストールWindowsからの脱却
Android・iPhoneとアプリ開発
Windows8、スタートボタンはもういらない?
サイトの作成とやるやらないは別
あの人は詳しいと言う人と言われる人
index.htmlと/の正規化について
AndroidOSとLinuxOS
モバイル端末で必ず見るもの
ユーザー参加型市民アプリ

2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月